丘と水路と橋と火を

言葉と方法

掲載情報2017.3.17

【掲載情報2点】

◆「歌壇」2017年4月号・特集「誌上交流戦短歌甲子園歌人たち—」に連作7首「虹つよく架る冬日」と、ちょっとしたエッセイ、そしてポートレートを寄稿しました。

岩手・盛岡と宮崎・日向、二つの短歌甲子園出身の歌人たちによる大接戦をどうぞよろしくお願いします。

 

◆「現代短歌」2017年4月号・特集「震災二〇〇〇日」に連作7首「nup-sir」を寄稿しました。また特集中の座談会「震災詠は詩たりうるか?」にも出席させていただきました。

連作は、震災詠を続けてきて自分なりに見つけたあるひとつの方法が色濃く現れたものになっているかなと、個人的には感じています。

そしてなんだかんだで初・座談会。好き勝手に話していますので、どうぞみなさまよろしくお願いします。

 

歌壇 2017年 04 月号 [雑誌]

歌壇 2017年 04 月号 [雑誌]

 

 

現代短歌 2017年 04 月号 [雑誌]

現代短歌 2017年 04 月号 [雑誌]